医療法人恵生会 長瀬内科医院  岡山市北区の医院です。 診療科:内科、小児科、皮膚科、アレルギー科、形成外科

医療法人恵生会
長瀬内科医院

〒700-0985 岡山県岡山市北区厚生町2丁目6-20
TEL:086-222-2709
FAX:086-222-6122


脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)
とも言われています。

分かり易く説明しましたので、ご覧下さい。
皮膚良性の腫瘍の1つです。一般には「年寄りいぼ」とも言われ、文字のとおり、年を取るとでできます。
皮膚の老化現象のひとつですが、若い人にもできることがあります。
糸状疣贅は下方に掲示しています。

症状
 顔、頭や全身どこにでもできます。いぼのようにざらざらしたできものです。初めは1,2ミリ位ですが、放っておくと少しずつ大きくなります。
 特に、日光の当たる顔には、数多くできてきます。老人性のシミも一緒にできることが多いようです。
 色は、普通の皮膚の色~淡褐色~黒色まで色々です。
 形も平らなものから、隆起するものまでいろいろです。
 かゆみを伴うこともあります。

 年々、少しずつ大きくなります。数も増えてきます。小さいうちに取ってしまえば、問題ありませんので、早めの処置をお勧めします。
多発している人は、大きなものから、少しづづ除去しましょう。

出来やすい人は、これを機会に年1度はチェックすることをお勧めします。

 

 

若い人でもできます。

 

いろいろのタイプがあります。

 

治療法
 数ミリまでのものは、電気焼灼で簡単に治療できます。冷凍療法、レーザー治療もあります。
それより大きくなると、手術が必要になります。

気をつけなければならないことは?
 脂漏性角化症と思っていても、皮膚ガンであることがあります。
  特に前癌状態である、日光角化症(老人性角化症)とは区別しづらいこともあります。
その場合には病理検査をお勧めします。皮膚の一部もしくは、全部取って組織検査に出します。

電気焼灼、冷凍療法やレーザー照射で治療する場合は組織検査は出来ませんので、癌が心配の場合は切除して、組織の検査をしてもらいましょう。

当院では、少し疑わしい場合は、「組織検査しておきましょう。」とお勧めしています。

 


浅く切除して、組織検査して、自然に治るのを待ちます。2週間以内に治ります。
 

 

1週間で殆ど治ってきています。
 

 

耳たぶのような縫合できないところでも、簡単に切除できます。ちょっといびつな形をしていましたので、組織検査しました。

 

 脂漏性角化症の組織像は多種多様です。図は皮膚科学(金芳堂)を改変しました。
 表皮の腫瘍なので、真皮の上層で切除すれば良いということです。

治療費、手術料金
 皮膚良性腫瘍摘出術という保険適応があります。
当院では、3割負担の人は、小さいもので約¥5,000 、少し大きいと 約¥12,000、程度。
皮膚移植の必要な場合は約¥11,000追加。組織検査は約¥3,500。
他に、初診料、再診料、薬代が若干追加されます。
術前の血液検査はしませんので、その分安くなります。

 


電気焼灼の場合は10分程度の時間ですみます。2週間以内に治ります。
大きさにもよりますが、約¥1,000~5,000の自己負担でできます。


電気焼灼後は自分で処置されていました。2ヶ月後の再診時の状態です。



 切除+縫合


切除、縫合の場合のキズ跡は6ヶ月から1年で、きれいに落ち着いてきます。




 切除+植皮


少し大きかったので、皮膚移植しました。移植した皮膚は6ヶ月から1年で、きれいに落ち着いてきます。

液体窒素(ちっそ)による凍結療法
   液体窒素を病変部にあてて、一時的に凍らせて、2,3週間後にかさぶたにして、脱落させる方法です。イボ(尋常性疣贅)の治療には保険適応があります。
   「他の治療法と違って麻酔を必要とせず、簡便にできます。」と説明して、施行しているクリニックがありますが、麻酔よりも痛い、1回では治らない。炎症後の色素沈着を起こしやすい。等の欠点があります。どうしてもと言う患者さん以外は、当院では行っていません。

 

 高齢になると注意が必要です

 
顔にはいろんなものができてきますので、注意が必要です。

長寿社会になっていますので、小さいうちに早めに処置されることをお勧めします。

特に幼少から青春時代に太陽のもとで、紫外線をよく浴びた人は光老化が早くから始まりますので、ケアを怠らないようにしましょう。

2011.11に脂漏性角化症(老人性疣贅)からの癌になったという報告があります。(下方に掲示しました)

 



 





 



 



 




 

糸状疣贅(しじょうゆうぜい) スキンタッグ(skin tag)


糸状疣贅(しじょうゆうぜい) スキンタッグ(skin tag) 、首の周りのイボ

    首周り(頚部)、胸、 腋の下などの皮膚の柔らかいところにできる、1~2mmの小さな皮膚のでっぱりです。
    色は肌色から黒褐色で多発する人もいます。老化現象の一つですが、若い人にもできることがあります。


治療法
  根元が細いものはハサミ簡単にで切除できます。
  根元が広いものは電気焼灼をおすすめします。局所麻酔が必要です。
   液体窒素による冷凍凝固もありますが、不確実なのでお勧めしません。
    少しづつ大きくなったり、数が増えてきますので、早めの処置をお勧めします。



液体窒素(ちっそ)による凍結療法
   液体窒素を病変部にあてて、一時的に凍らせて、2,3週間後にかさぶたにして、脱落させる方法です。
   「麻酔は不要で、簡便にできます。」と説明して、施行しているクリニックがありますが、麻酔よりも痛い、1回では治らない。脱落しても根本が残る。炎症後の色素沈着を起こしやすい。等の欠点があります。
どうしてもと言う患者さん以外は、当院では行っていません。
ハサミで切除する方法と両方を施行した患者さんは、次回受診時には、ハサミで切除する方を希望されます。確実で、痛みが少ないからです。


治療費は
数と大きさにもよりますが、約¥1,000~12,000の自己負担でできます。
 初診料、再診料、軟膏代が別にかかります。

まだまだ、、わかりにくい所もあると思います。少しずつ追加、修正していくつもりです。