医療法人恵生会 長瀬内科医院  岡山市北区の医院です。 診療科:内科、小児科、皮膚科、アレルギー科、形成外科

医療法人恵生会
長瀬内科医院

〒700-0985 岡山県岡山市北区厚生町2丁目6-20
TEL:086-222-2709
FAX:086-222-6122
粉瘤(ふんりゅう)、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)、アテローマ、アテローム
 原因から治療方法まで、分かり易く説明しましたので、ご覧下さい。小切開手術 も追加しました。
粉瘤ふんりゅう)  は表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれています。
皮膚の良性腫瘍の1つです。脂肪のかたまりと思われがちですが、実は表皮でできた袋のような腫瘍です。
皮膚の表面と細い出口で連絡している事が多く、つまむと中から白い物が出てくることがあります。
皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪の3層(別図を参照)から出来ています。 
表皮は細胞分裂を繰り返して、角質層となり、最後は、「あか(垢)」とになって脱落します。
粉瘤の場合は、袋の中に「垢」がたまっていきます。
表皮の袋ですから、体のどこにできても不思議ではありません。多発する人もいます。
炎症や感染を起こすと、
感染(性)粉瘤とか、炎症性粉瘤と呼ばれています。



 皇太子様も手術されています。H9の新聞記事です。 手術で摘出するのが一番いい方法ということです。
原因
毛穴の一部分の組織が皮膚の深いところで、袋状になったものが多い。この場合は、皮膚の表面に開口部を持つことが多く、「絞り出すと、白いあぶらの様なものが出ていたが、出なくなって、ふくれてきた。」と言う人がそうです。もちろん、知らないうちにしこりが出来て、急に大きくなってくる場合もあります。
怪我などで偶然、表皮の細胞が皮膚の中に入り込んで、表皮の袋を作ることもあります。この場合は皮膚の表面に開口部を持つことは少ない。
多発する場合は生まれつきの(先天性)体質によるところが多く、
耳たぶ、 脇の下、お尻などに出来やすく、少しずつ大きくなり、目立ってきます。
症状
  皮膚の良性腫瘍です。自然に消えることはありません。少しずつに大きくなります。急に大きくなることもあります。
しこり、できもの、ニキビの親玉?、脂肪のかたまり?と思っている人が多いようです。
皮膚の表面に小さな穴(開口部)があり、しこりを周りから圧迫すると、その穴から臭くて、白いあぶらの様なものが出てくることがあります。もちろん、つまんでも何も出ない人もいます。
小さいうちは皮膚から盛り上がらずに、皮下にクリクリしたものを感じる程度ですが、大きくなってくると皮膚の表面がなだらかの隆起してきます。
普通の場合は痛みや、かゆみはありません。表面の色は皮膚の同じ色ですが、開口部が黒くなることがあります。炎症や感染を起こすと赤くなって、腫れて、痛みも出てきます。
大きさは直径数mm~2,3cm位のものが多い、放っておくと少しずつ大きくなります。
化膿を繰り返す人もいます。
治療法、手術料金など



顔面の粉瘤はシワを利用して、キズアトを目立たなく工夫します。

治療法
  小さいうちに手術で袋ごと取り出すことを勧めます。 袋を取り残すと再発します。
化膿して、赤く腫れ上がる時は、抗生剤を飲んだり、切開して中の膿を出す必要があります。化膿を繰り返す場合もあります。
 切開して中身だけを出しても、袋が残っているので、いずれ再発します。
 ごく稀に巨大化して、
癌になることもあります

 「粉瘤だから、放っておいて大丈夫」とか、「悪いもので無いので、様子を見ましょう」と言われて放置していて、大きくなったり、感染を起こして、腫れあがってから受診される方がいます。
 自然に治ることはないので、小さいうちに手術した方が、大きくなって手術するよりも、キズアトは小さく、術後の痛みも少なく、又、手術代金も安くてすみます。
何年も放っておいたり、感染や炎症を繰り返すと、周囲の繊維化が進み、袋だけの取り出しが困難になります。したがって、「粉瘤」と言われたら、早い時期の手術をお勧めします。


粉瘤の小切開摘出術です。

 この方法は、一度も炎症を起こしたことのない人には、お勧めできます。

治療費、手術料金
 皮膚良性腫瘍摘出術という保険適応があります。
当院では、3割負担の人は、小さいもので約¥5,000 、少し大きいと 約¥12,000、程度。
それより大きな粉瘤は総合病院へ紹介しています。術前の血液検査をする病院では、その料金が追加されます。 当院では、持病などのない健常の方には血液検査は行っていません。
組織検査は約¥3,500。(希望される方のみ)
他に、初診料、再診料、薬代が若干追加されます。
受診の回数:初診、手術予約、手術、術後は抜糸を含め1,2度の再診の、計2~4回で終了の予定です。
手術の受け方:
皮膚科と形成外科の両方の専門医の資格を取得した経験から言いますと、
形成外科専門医の手術をお勧めします。
形成外科医は傷痕のことまで考えて手術を計画します。ただ最近の形成外科医でも再建外科系の形成外科医は傷痕のことはあまり気にしなくなってきている傾向がありますので、しっかり説明を聞いてから、手術を受けましょう。くりぬき法もご希望なら相談下さい。
当院で手術を希望の方は副院長の
診察日に受診して下さい。診察後の予約となります。
当院は岡山駅東口から西南に歩くと、約20分位です。
部位別の粉瘤
少しづつアップします。
顔面の粉瘤
額の粉瘤です。

顔面(額)の粉瘤は横ジワを利用して、キズアトを目立たなく工夫します。


下眼瞼の粉瘤です。
近くの病院の皮膚科では、「傷が大きくなるから、そのまま様子を見ましょう。」と言われていました。が、
すこしずつ、大きくなってきました。

粉瘤は早めの手術をお勧めします。30分位で簡単にとれました。

耳 項部

 耳たぶやその周囲に多発することがあります。


元に戻る
項部の粉瘤
背部、腰部の粉瘤
背部の粉瘤




希望に添うよう、出来る限り小さい切開線で摘出しました。

腰部の粉瘤
 
上腕の粉瘤
 
 
 

 

感染(性)粉瘤、炎症性粉瘤

感染(性)粉瘤、炎症性粉瘤 







臀部のパンパンに腫れ上がった感染粉瘤です。切開すると大量の膿が出てきました。

もっと見る



粉瘤、表皮嚢腫の癌化した報告

希なことですが、表皮嚢腫から癌化したという学会報告があります。2008年には高知医大より:「臀部の表皮嚢腫より生じた有棘細胞癌の1例」. 西日本皮膚科 70: 463, 2008 の発表もあります。
最近は、ほぼ毎年のように報告されていますので、決して希ではなくなってきています。
癌を心配される方は早めの手術をお勧めします。

年を取ると出てくる良性腫瘍の脂漏性角化症(別名:年寄りイボ)でも、癌になったという例もありました。

まだまだ、、わかりにくい所もあると思います。少しずつ追加、修正していくつもりです。
小切開手術


粉瘤の小切開摘出術
です。

 この方法は、一度も炎症を起こしたことのない人には、お勧めします。

最近、お医者さんに、「放っておいて大丈夫」と言われたので、そのまま放っておいたら「急に大きくなって来た。」、「化膿してふくれあがって来た。」などと行って、受診される患者さんが増えています。

粉瘤は放っておいて自然に治ることはありません。小さいうちに切除する方が、結果的には傷跡は小さくて済み、又、手術料金も安くてすみます。上の手術で自己負担は¥5,000くらいです。  


背中の粉瘤です。



希望に添うよう、出来る限り小さい切開線で摘出しました。
                                                          元の説明に戻る

感染(性)粉瘤、炎症性粉瘤続き



 

粉瘤は炎症や感染を起こすと、周辺に肉芽、瘢痕、繊維成分ができて、手術は難しくなります。大きく切除(上図の点線の部分)すれば、問題なく取れるのですが、キズ跡は小さい方がいいので、表面が薄くなっている部分を含めるようにして摘出しました。
                       

 



少し感染がおさまった時に手術を希望されました。この場合の手術は、少し大きめに切除しなければなりません。
しこりに気がついたら、感染を起こさないうちの、早めの受診をお勧めします。
感染粉瘤に戻る